P.96 スパンカーセイル及びバテンオーニング縫製作業開始

カタログPDFはこちら

多くの皆様に要望され、ストア内に小さなスペースですがセイルロフトを作り、工業用ミシンを2台購入して、まず初めにマイボートスパンカーセイルの縫製作業を開始いたしました。

どこまで稼働することができるか分かりませんが、マイボートスパンカーセイルの縫製を開始いたしました。ゆくゆくはオーニング等の縫製もできるようにしたいと思っています。

布を縫製する業界は高齢化する職人に対して若者の後継者が不足しているのが現状です。そこに近年大型化する台風等の災害が相次ぎ、製作が思うように稼働していません。

バテンオーニング(取り外し式)艤装の実際 実際例や価格に関してはFMS ホームページ参照
ヤマハDFR-33にスパンカー利用バテンオーニングを設置。サイズはキャビン側で幅1.9m、スパンカー側で幅1.75m、長さ2.2mで竿を振り上げてもギリギリ当たらないようなサイズになっています。取付け取外しは、前後3箇所のナスカンを外すだけで簡単にできます。



ヤマハYF-24のスパンカー利用バテンオーニング(取り外し式)設置の実際です。幅1.3mで長さ1.44mですが夏の日差しを十分遮る大きさと思います。全速で走行してみましたが強度は十分に保たれました。安価で簡単な設備なので利用者が増えてきています。



テレスコハンドル利用のバテンオーニング設置の実際(ヤマハS-QUALO)です。オーニング以外の使用材料(テレスコピックハンドル6フィート×2、ボートフック頭部×2、PERKOロッドホルダーFig.1205×2、HARKENカムクリート×2、アイストラップ5㎜×3、テトロン八ッ打ロープ5㎜3m×2)はボートフックやデッキブラシ等に利用できるので大変便利です。


一覧へ戻る