P.14 スパンカー装備に対する近年の問題点

カタログPDFはこちら

スパンカー艤装に対する近年の問題点


落水の危険性を伴う展開収納作業になっています。スパンカーは後ろほど良いと言う理論と後部デッキ上でスパンカーマストは邪魔になると言う考え方のため、近年スパンカーのマスト位置は最船尾に追いやられてしまいました。


セイルを高くすると船を傾斜させるだけで効果は半減します。
キャビンが邪魔して風がセイルに当たらないと勘違いして、下桁を高くしてセイルを高く上げている船があります。マストが高くなり、セイル面積の中心も上がるため船はトップヘビーになり横揺れが大きくなり、セイルに当たる風は船を傾斜させる方向に働き効果は半減します。

 
船外機が邪魔でマストをオフセンターにするのは間違いです。
スパンカーはセンターに付けないと常に舵が切れている状態になります。スパンカーマストを船のセンターに装着できるようにステンレス製架台で対策しましょう。(※小物入れ付きドリンクホルダーやロッドラックをセットすると便利です)

 
スパンカーによる船の操り方の講習会を開催しています。
初めての方はもちろん、経験者の方にもスパンカーを装備した船の操り方(釣り方)の基本を正しく理解していただこうと講習会を開催。模型を使って座学を行った後、船を出して座学で講習した内容を実際に証明しています。

一覧へ戻る